翻訳・通訳学習を通して、本格的に、そして、本腰を入れ、じっくりとスペイン語を学び、実践的なスペイン語力を身に付けたい、伸ばしたい人のための塾です

Fundado en 1995

スペイン語翻訳通訳

Instituto de Traducciones de Tokio

ここは日西翻訳研究塾ホームページの 「塾パーティ」のページです

 

     

=== 塾パーティ ===

 
『塾パーティ』とは、学年度の狭間、つまり、年度末の「終業式」と新学期の「始業式」の両方を合体させ、「式」という堅苦しい形式張ったものではなく、あくまでも『通塾生、通信塾生、元塾生、そして講師陣、更に、それぞれの家族も含めた日西翻訳通訳研究塾の関係者同士の交流の場』として、2010年以降は毎年9月の第一土曜日に開催(カレンダーの都合では8月最終土曜日に開催の場合もあります)している、気軽で楽しいパーティです
 
このような形になったのは、2002年からですが、当時は8月末、すべての授業が終わった時点で行っていました。また、後述のような「表彰式」の最も古い記録は2005年で、それ以前にも表彰していたのか?否かまでは記録が残されていません
 
むろん、下の表を見て頂ければお分かりのように、それ以前にもパーティを開いていました。年に二回開催した年もありました。しかし、その会場は常に塾が入居しているビルの横にあった中華料理屋さんでの単なる「飲み会」程度だったようですが、それにしても当時から結構な人数が参加して下さっていたようです
 
「表彰式」と言うと、なんだか形式張っているようですが、賞状と副賞をお渡しするだけです。表彰の対象者は、基本的には「皆勤賞」または「精勤賞」が中心で、その年によっては、「特別功労賞」や「感謝賞」等も加わります。副賞は、基本的に、西西辞書(スペイン語国語事典・スペイン語百科事典)や、スペイン語の世界地図等々が中心です
 
「皆勤賞」はその名の通り、年間一度も休まずに授業に参加した人を評するもので、2011年までの受賞者数は年平均で3名です。なお、皆勤というのは、年間48授業のクラスのみが対象者ですから、48回の授業を一度も休まずに通い続けるというのは、そんなに簡単なことではありませんから、それなりの価値は十分にあると思われます
 
なお、皆勤賞がなかった場合には、欠席日数が2日までの人を「精勤賞」として表彰します
「特別功労賞」は、 通常クラス(年間48クラスに準じる)塾生としての継続年数が10年を超えた人を対象とした賞で、2016年までに 、何と10名もの人が受賞されています
これら以外にも、「塾頭特別賞」が授与されたことがありました
 
回 数 開催年 日 付 参加者数 皆勤賞 精勤賞 特別功労賞 塾頭特別賞 奨学生 感謝状
18 2017 09月02日 39 5          
17 2016 09月03日 31 5   1 1    
16 2015 09月05日 60 2   2      
15 2014 08月30日 51 2   1 1    
14 2013 08月31日 46 2   2      
13 2012 09月01日 49 3     1 1  
12 2011 09月03日 45 1 1 1      
11 2010 09月04日 36 4       1  
10 2009 08月29日 32 4   2   1  
9 2008 08月30日 29 4          
8 2007 09月01日 48            
7 2006 09月02日 47 1   1 1   1
6 2005 08月28日 41 1 1     1  
5 2004 08月28日 31            
4 2003 08月30日 24            
3 2002 08月30日 28            
2 01月05日 28            
1 2001 01月07日 22            
 
     
 
 
     
       
 

添削見本を見る

   

わがままレッスン

 
 

受講料を見る

   

通学までの流れ

 
       

塾までの地図

 
 

無料レベル・チェック

   

レベルを見る