翻訳・通訳学習を通して、本格的に、そして、本腰を入れ、じっくりとスペイン語を学び、実践的なスペイン語力を身に付けたい、伸ばしたい人のための塾です

 

Fundado en 1995

スペイン語翻訳通訳

Instituto de Traducciones de Tokio

 


 

 
ここは日西翻訳通訳研究塾ホームページの通信(e-Ten)の「翻訳コース」のページです
 

 

     

e-Tenで翻訳を勉強する

 
スペイン語 ⇒ 日本語 両方向をご希望の方はこのページをお読み下さい 日本語 ⇒ スペイン語
 
翻訳添削講座って?
標準の翻訳コースの場合、月に2回、スペイン語と日本語の課題(テキスト)をそれぞれ1点ずつ お送りしますので、それらをあなたが翻訳し 、送り返して下さい。 西和翻訳コースの場合にはスペイン語のテキストが2点/月、そして和西翻訳コースの場合には日本語のテキストが2点/月がお手元に届きます。提出されたあなたの答案を、翻訳を生業とするベテラン の講師が添削 します(*1)
通学塾の授業で得られるような詳細かつ膨大な説明や深い知識までは伝わりにくい かも知れませんが…(*2)
しかし、可能な限り、そして、できるだけ受講生にとって有益となるコメントを添え ることで、けっしていわゆる「赤ペン添削 」だけで終わる講座ではありません (*3) (見本を見る) (現在まだ2009年以前の例です。あしからず)
スペイン語技能検定試験5級以上の受験(翻訳学習)対策に も大いに役立ちます
最少受講期間は3ヶ月です。その後の継続は自由です (現在、半年や1年継続が主流)

(*1)

可能な限り受講生の表現やアプローチを尊重する手法で添削 しています。この方法が 学習には最も有効な方法です。「全文に取消線を引き書き換える 」か、或いは、「模範解答」と称した講師訳をお渡しする方が、 実は私たちにとって最も簡単です。しかし、それでは受講生の勉強に は役立ちません。特に、スペイン語人が訳した和西訳は、 スペイン語ネイティブのプロ翻訳者の訳文(要するに「逆立ちしてもこんなスペイン語訳はできない代物」)であることから、 そこには受講生のレベルと格段の差(スペイン語ネイティブか否かで 既にそこには大きな隔たりがある)があり、 それでは「能力向上を目指す学習」 を支援することになりません(*4)

(*2)

通学塾との整合性については、「通信 (Estudiar en su casa)」ページもご参照下さい

(*3)

答案によっては(特に大変良くできている場合など)コメントが 付かない場合もあります

(*4)

あまりにも原文とかけ離れている 答案(翻訳)、 つまり、いわゆる「箸にも棒にもかからないような 」答案・訳であったり、或いは「講師がその必要性を認めた場合」などには、「全文書換え 」や講師の「試訳」を 示したりする場合もあります
 
「通学へ」の編入は いつでも自由です (ご相談下さい)
 

課題(テキスト)の分量について 

スペイン語 → 日本語

 入門級 
標準設定(*5)で10行までの文章翻訳
 基礎級
標準設定(*5)で10行程度の文章翻訳
 準応用級以上 
標準設定(*5)の12行程度の文章翻訳

日本語 → スペイン語

 入門級
標準設定(*5)で8行までの文章翻訳
 基礎級 
標準設定(*5)で8行程度の文章翻訳
 準応用級以上 
標準設定(*5)での10行程度の文章翻訳
(*5)「標準設定」とは?

翻訳講座のテキスト(課題)の内容・テーマなどについて

本文の内容はもとより、翻訳の学習に適切と考えられる構文・用語・文法上 に価値があるもの等々も、 テキスト選定時の基準 にしています
テーマ(分野)は月毎 ・毎回替わります が、ダブル受講の場合は、同じテキストの「続き」を継続して翻訳していただけます
出所は、新聞や雑誌の記事・コラム・研究書・歴史書等々が中心です
 
     
       
 

無料レベル・チェック
申込